忍者ブログ
kadonokiの歌詞置き場、資料室、倉庫です 音楽同人、東方Project、ゲーム系音楽が中心 コミケ・例大祭・M3・紅楼夢など、自主カラオケする時に便利かな?   過度の期待は・・・
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Riryka - principle
作詞:master 作曲:BAL(Angel Note) 編曲:BAL(Angel Note)

巡り 逢えた この瞬間に 届けよう 風に乗せて

光を探し 彷徨い飛び続けた
汚れなき 空を ただ追い求めて

明日へ結ぶこの時間(トキ)は
戻ることのない 果てしなき時間

巡る 四季の 光射す朝 君の 歓喜な産声が
ずっと ぼくを 救ってくれる 何処までも 飛び続けて


答えを求め 蠢き足掻いていた
果てしなき空を ただ追い続けて

永遠(トワ)へ続くこの道は
終わることのない 果てしなき道

巡る 四季の 葉月の初夏に 君は 優しい微笑みを
ずっと ぼくに 与えてくれる いつまでも 羽ばたかせて


いつか朽ち果てようとも
小さな鼓動は 受け継がれてく

やっと 巡り 逢えたこの日を ずっと 夢見続けていた
鳥が 歌う 小さき声が 幾千の 想いとどけ

君が 歩く 世界の果ては きっと 光溢れている
ずっと ずっと 歌いつづける 羽ばたいて 永遠の明日へ

拍手[6回]

PR
志方あきこ - うみねこのなく頃に
作詞:みとせのりこ&波乃渉 作曲:志方あきこ 編曲:志方あきこ

Il vento diviene bufera
Infuriano i marosi
Il mare chiama mugghiando la Maga che ha vissuto mille anni
風は嵐を呼び
波は激しさを増し
海鳴りは咆え 千年の魔女を呼び覚ます


Ho tanto atteso questo giorno!
Ho tanto temuro questo giorno!
Il destino, chi festeggerà?
この日を待ち侘びた
この日を恐れていた
運命は誰を祝福するのか


Oh Maga! Oh Maga!
Che cosa mi annuncerai?
魔女よ 魔女よ!
貴女は何を告げるのか



夜を渡り逝く月に 潮は高く満ちて
うみねこのなく聲は 不穏の雲を招く

黄金色(こんじき)の呪いと 遺されし言葉と
ひめやかな微笑みは 紅(くれない)に滲む

閉ざされた眸で 何を求めてる
壊れたその欠片を 集めてみても
触れた指を零れる 君に届かない
飾られた虚実 愛がなければ視えない


Beatrice! Maga crudele!
Di bellezza senza pari
Beatrice! Oh! Di dolcezza capricciosa
Mai portò liberarmi dal tuo incantesimo
Se questa pena deve durare, almeno una volta abbi pietà
ベアトリーチェ 残酷な魔女 類まれなる美貌
ベアトリーチェ 気紛れな優しさ 永遠に私を縛める存在
この苦しみから逃れる事が叶わないのなら
どうか今一度の慈悲を与えてくれ



舞い踊る蝶の翅 夢と現(うつつ)行き交い
降り止まぬ雨音は 真実(まこと)も嘘も隠す

開かれし宴と 選ばれし羊と
絡み合う憎しみが 杯を満たす

囚われた世界で 何を探してる
許しあえる奇蹟を 願っていても
声は風に浚われ 君に届かない
繰り返す孤独 愛がなければ消えない

寄せては返す 喜び 哀しみ
暗い夜半の海へ 流そう
涙も傷跡も 全てが交じり合い
偽りの君は 闇の中へ


Rumore di onde, La voce del mare come un canto
Ascoltando sembra purificarsi la colpa commessa
Mi culla dolcemente il rumore delle onde
Sereno mi addormento e ho sogni felici
波の響き 潮騒の唄
禁断の実に触れた 罪を清めるように
波の響き 優しい揺り籠
浅い眠りに包まれて うたかたの幸福な夢を



閉ざされた眸で 何を求めてる
壊れたその欠片を 集めてみても
触れた指を零れる 君に届かない
飾られた虚実 愛がなければ視えない
Cosa vedranno quegli occhi chiusi
Pur raccogliendo i frammenti sparsi
Cola dalle dita che si toccano
Senza potersi unire fino in fondo
False apparenze dissimulate
Senza amore, non si vede niente
閉ざされた眸に 何を映してる
壊れたその欠片を 集めてみても
触れた指を零れる ひとつになれない
彩られた虚飾 愛がなければ視えない


Senza amore, la verità non si vede
愛がなければ視えない

拍手[2回]

桃梨 - Reality
作詞:桃梨 作曲:流歌 編曲:流歌

今 立ちつくしてる
あたしのちっぽけなヒトカゲ
ビルの谷間に吸い込まれてしまいそうで

例えばこんな
やさしい想像なんかで傷つくあたし
だれか思うようにあいしてますか?

「さよなら」も日常
ありふれた毎日のなかで
取り残される甘い夢をみなくなった

歩くしかない
独りになりたくない
となりのヒトが
どこか遠くへ行かないように

みんなが止まれない
曲がれずに街道を行くよ
ああ ただいつでも
触れてくれる手があったなら・・・


ha・・・久しぶりに見た夕焼けが
まじる雑踏を染め
あたたかく見送るよ
明日がまたはじまり終わるのだから
おだやかでも背中を押すように

ふとしたことをしのばせ
それがとても些細でも
しあわせだと感じたら
ちいさなあたしでもいいな

負けないことを信じては
つよく抱きしめたことや
なみだ見せてしまったこと
ぜんぶぜんぶあたしなんだ


例えばこんな
やさしい想像なんかで傷つくあたし
だれか思うようにあいしてますか?

歩くしかない
独りになりたくない
となりのヒトも
どこか遠くへ行くしかない

拍手[0回]

Mitsuki - 忘却の鐘が響く前に
作詞:少女病 作曲:ピクセルビー 編曲:ピクセルビー

夕凪に霞む時計台 針音は時を刻み
はじまりから終わりを告げる この国の象徴

夜明け前 響く忘却の鐘
その一日に得た 嫌な記憶を
螺旋の彼方 しまうように
隠してくれる奇跡

選ばれた時計士 嗚呼 いつからだろう
貴方との運命の針が
動きを止めて 静かに
離れていた 心が通わぬほど遠くまで・・・・・・


突然の別離の言葉は 心音に掻き消されて
ただ去り行く時計士の音だけ 呆然と見ていた

大切な 二人過ごした時間
貴方を愛してた 記憶全てを
ほんの少しも 失わずに生きたい
だから・・・・・・私

鐘は鳴ることなく 嗚呼 時を止めて
時計台の下には 落ちた
時計士だった 死体が
目を見開き 虚ろに倒れていた――――

ずっと忘れないから 最期の別離も全て
仕方なかったと 貴方わかってくれるでしょう?

選ばれた時計士 嗚呼 いつからだろう
貴方との運命の針が
動きを止めて 静かに
離れていた 心が通わぬほど遠くへと・・・・・・


『時計士である少年が最期にみたのは、薄く笑う恋人の姿。
その瞳に悲しみの色はなく、ただ記憶だけを慈しむように・・・・・・。
二人の愛は、永遠になったのだろうか――――?』

拍手[0回]

三澤秋 - For Your Pieces
作詞:Haruka 作曲:Masayoshi Minoshima 編曲:Masayoshi Minoshima

水面を覗き込んだ 1人きりの夏の日
映った私の顔 ただ唇を噛んだ

遠くで揺れる影が 遠くに消えてゆくわ
貴方の思い出さえ 手を伸ばしては消える

どうして切なく 過ぎるの
ただ佇んでた 淡い恋だから

触れられないなら この気持ちだけを
貴方伝えたい 傍に居れないから
許されるのなら 私の想いを
少しでもいいの 貴方の片隅に


忘れてしまいたいの こんなに苦しいなら
ただ・・・ただ・・・通り過ぎて 忘れられるのならば

逃れぬ記憶は いつまで
私はこのまま 時を数えるの?

許されるのなら 傍にいたいけど
少しだけでいい 思い出してほしい
過ぎ行く夏の日 私はいつでも
かけらだけでいい 貴方の片隅に

拍手[0回]

紗沙飛鳥 - 願いの欠片~snowdrop
作詞:憐歌 作曲:TOKINE 編曲:TOKINE

昨日のようにはうまくゆかない
道に座り込んだ 影に愁い刺す

溢れる涙は今すぐ拭いて
君は笑顔のほうが似合うよ

一秒後にすぐ笑えるわけじゃないけど
あったかい言葉今心に沁みるよ

重なってゆく記憶がこぼれて消えないよう
二度と手に入らない時間を大切にして

いつかその願い叶うの君の望むカタチを
きっときっと誰にでも等しくやってくるもの


大好きな人に会えなくなった
取り返しのつかない大失敗

それでも明日になれば何一つ変わらない日々が
少しだけ私を大人にさせるの

重なってゆく記憶がこぼれて消えないよう
二度と手に入らない時間を大切にして

明日は見たこともないような世界に出会える事
ずっとずっと誰もが夢描いてるはずだもの


一秒後にすぐ笑えるわけじゃないけど
まっすぐに前を向き進んでゆくのよ

重なってゆく記憶がこぼれて消えないよう
二度と手に入らない時間を大切にして

いつかその願い叶うの君の望む未来は
きっときっと誰にでも等しくやってくるもの

拍手[0回]

小宮真央 - SETSUNA
作詞:Shiki 作曲:Shiki 編曲:FAT

巡り来る季節に君は少しだけ うつむきがちな視線を空に向ける
重なった季節が時を告げて まだ思い出せる君の記憶
旅立ちはいつだって窓の向こうから 真夜中の月明かり膝に落とす
擦れ違った言葉でキズつけても 忘れられない瞳はまだ・・・

隠していた心を君のために確かめたい
夜明け前の光でアナタだけをただ見つめる

Any time, stay beside me...
君に目を合わせられない これ以上隠し切れない
Any time, heart beside me...
サヨナラさえも言えない 1人きりで声無くして
Any night, stay beside me...
君の心に届いた 信じていた夢抱えて
Any night, heart beside me...
サヨナラだけは言えない『偶然』それだけで良かった
君に向けた視線は届くこともないまま 想いを遠く響かせて・・・


戻らない季節は赤く染められて 悪戯な足跡を君は辿る
失った季節は闇の中へ 夜に抱かれて消えてしまう
『孤独』『嘘』『悲壮感』籠の鳥の様 時間凍らせたまま作る笑顔
君が描いた想い空に向けて 風に残された記憶さえも・・・

閉ざしていた瞳は 君の影を追い駆けてる
鈍色に光る羽 君がくれた希望だから

Any time, stay beside me...
何時でも信じていたい 月の下独りきりでも
Any time, heart beside me...
君が立ち止まる瞬間 何も言えず差し出す手が
Any night, stay beside me...
両手いっぱいの花束 君無しじゃ抱えきれない
Any night, heart beside me...
少しだけ時を止めて 叶わない願いを信じて
自然に落ちた花弁零れる涙のように 巡る季節は過ぎ去る


巡り来る季節に君は少しだけ うつむきがちな視線を空に向ける
重なった季節が時を告げて まだ思い出せる君の記憶
旅立ちはいつだって窓の向こうから 真夜中の月明かり膝に落とす
擦れ違った言葉でキズつけても 忘れられない瞳はまだ・・・

隠していた心を君のために確かめたい
夜明け前の光でアナタだけをただ見つめる

Any time, stay beside me...
君に目を合わせられない これ以上隠し切れない
Any time, heart beside me...
サヨナラさえも言えない 1人きりで声無くして
Any night, stay beside me...
君の心に届いた 信じていた夢抱えて
Any night, heart beside me...
サヨナラだけは言えない『偶然』それだけで良かった
君に向けた視線は届くこともないまま 想いを遠く響かせて・・・

拍手[4回]

櫻井アンナ - 碧の境界域
作詞:櫻井アンナ 作曲:六弦A助 編曲:六弦A助

まるで夢のような幸福は
どこにも無いのだと分かっているのに

ふとした希望はなぜ微笑みすら浮かべずに
指の隙間から逃げてゆくの?
祈りすら許されず孤独に打ち震える
ここは牢獄の楔の地

いつか断ち切ってみせるわ こんな運命など

まるで夢のような幸福は
どこにも無いのだと分かっているのに
声を限りに抗うのは
新しい世界を夢見てるから


振り切れたはずの過去
毎夜悪夢の姿借りて精算を求める
全てから逃れる事は叶わないのだから

まるで夢のような幸福は
どこにも無いのだと気付いてるけど
諦めたと時に終わるもの
新しい世界も逃げて行くから

まるで夢のような幸福は
どこにも無いのだと分かっているけど
そこに望みがあるのならば
どこまでも追いかける 身が果てるまで

拍手[1回]

霜月はるか - 走ってゆく
作詞:bassy 作曲:bassy 編曲:bassy(Barbarian On The Groove)

走ってゆく 誰もみな
ためらい・希望の狭間で 揺れ動く亡霊を振り切り

そうさ僕らいつでも 消せない傷を
抱えながらゆくんだ 痛みをこらえ

傷付いても戸惑っても悲しみ超えて

走ってゆく 誰もみな
ためらい・希望の狭間で 揺れ動く亡霊を振り切り
僕たちはそれぞれ描いた世界へ
もがき苦しんでそれでもゆく


限りある時の中 僕らもいつか
すべて消えてゆくけど 想いはあせない

瞼を閉じれば浮かんでくるその世界へと

走ってゆく どこまでも
喜び・絶望・挫折と 繰り返される別れ超えてく
その場所へ 残された時間の中で
手探りながら探し求める


走ってゆく 誰もみな
ためらい・希望の狭間で 揺れ動く亡霊を振り切り
僕たちは それぞれ描いた世界へ
もがき苦しんでそれでもゆく

どこまでも
喜び・絶望・挫折と 繰り返される別れ超えてく
その場所へと 残された時間の中で
手探りながら走り続ける

拍手[0回]

三澤秋 - regalia
作詞:三澤秋 作曲:onoken 編曲:onoken

過ち、呼ぶ声と振り返ることのない道
欠片集わす叫び声が聞こえる 遠く

流れる風さえも追い越して走る心と
終わりのその先に待つ 地平を

傷つくこと恐れず
約束の行く先へ
走り続け 痛み抱いて
問いかけた

果たすべき未来を 閉ざされた過去の行方を
目覚める答えは何処に
高らかに響く足音 始まり刻む
もう一度出会うために


虚ろな手の中のもう戻ることのない道
目指した場所へ導く 光を

求めること恐れず
迷い忘れぬように
走り続け 祈り抱いて
問いかけた

果たすべき未来を 閉ざされた過去の行方を
目覚める答えは何処に
ためらいを超えて 抗いの意志を刻む
この胸に 痛み共に


すれ違う声が 何より確かに響いた
目覚めの答えを此処に
約束の場所で はじまりの歌をうたう
もう二度と失わない

果たすべき未来を 閉ざされた過去の行方を
目覚める答えは何処に
繋いだこの手で 終わりの在り処を誓う
もう一度出会うため さあ

往こう

拍手[1回]

- 1 - 2
 top next
プロフィール
HN:
kadonoki
性別:
男性
カウンター
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Add to Google
歌詞の検索
状況開始
過去3ヶ月集計
QRコード
最新トラックバック
最新コメント
[10/27 purchase finasteride online]
[10/23 regoffshores]
[10/23 Piellaknave]
[10/23 Piellaknave]
[10/22 Piellaknave]
フリーエリア
Kashi.blog かどのき・・・
BACKGROUND / tudu*uzu
DESIGN / Lenny
忍者ブログ [PR]